お知らせ

第4回 TOHOKU Madams' Collection【ご報告】

2016年より毎年3月に開催している「暮らしを慈しむ東北マダムたちの手しごと展」。

第4回目の今年は、読売新聞の一面「編集手帳」などメディアでご紹介いただき、

初めての方も大勢ご来場いただきました。

月日が経つにつれ震災の記憶が薄れていく中、

心を寄せてくださる方がまだまだたくさんいらっしゃることに、

とても嬉しく心が温かくなりました。ありがとうございました。

規約で1Fエレベータホールやビルの外に案内が出せないということもあり

会場まで迷われた方も多く、申し訳ございませんでした。

次回のことはまだ未定ですが、これに懲りずに今後とも応援をよろしくお願いいたします。

 

そして、2月20日の新聞掲載以降10日最終日まで毎日、

多い日は30件近く掛かってくる問い合わせの電話に対応いただいた

ギャルリー・ラーのオーナー吉本様、本当にありがとうございました。

素敵な空間で作品展を開催できたことを東北マダムたちも喜んでいます。

また、てんやわんやの会場をみかねて、お手伝いいただいた

友人・知人、ボランティア仲間の皆さま、助けていただきありがとうございました。

 

会場費、郵送費、旅費交通費など開催にかかる経費はすべて参加グループで分担し、

初めての自主開催でしたが、多くの方にご来場いただき、

今年も売上の一部を「ハタチ基金」へ寄付することができました。
ご協力いただきありがとうございました。

来年も多くの方に共感いただき活動を継続して行けるよう、
魅力的な作品作りを目指していきます。
今後とも応援をどうぞよろしくお願いいたします。

*「ハタチ基金」は東日本大震災の被災地の子どもたちに寄り添い、20年間継続的に支援を行う基金です。
http://www.hatachikikin.com/

 


第4回 TOHOKU Madams' Collection【ご案内】

<第4回 暮らしを慈しむ東北マダムたちの手しごと展>

これまで支えてくださった皆さまへ「ものづくり」ができることへの感謝の気持ちを伝えたい。

次は私たちが誰かのために役に立ちたい。

被災地や被災状況が異なる女性たちのそれぞれの想いがひとつになり、

2016年より毎年3月に、東京青山で開催している「暮らしを慈しむ東北マダムたちの手しごと展」。

第4回目となる今年の会場は、銀座。

ギャラリーやアンティックショップが集まる昭和レトロな奥野ビル内の「ギャルリー・ラー」で開催します。

奥野ビルは築86年を迎え建物自体がアートとして注目されています。

ビルの中に入ると手動のエレベーターがあり、その時代にタイムスリップしたかのような感覚を味わえます。

2019年3月11日で東日本大震災から丸8年になります。

震災から5年目の2015年4月、会津若松での交流会をきっかけに、はじまった作品展。

回を重ねるごとに感性も技術力もステップアップしています。

作品展のコンセプトに共感いただいき、プロジェクト立ち上げ時から技術指導や販売の協力など

活動を支えてくださっている作家さんが今回は作品で応援。共に作品展を盛り上げていきます。

お誘い合わせの上ぜひ、お出かけください。
皆さまにお会いするのを楽しみにしています。
今年も売上の一部をご購入いただいた皆さまのお気持ちと一緒に、被災した子どもたちへ届けます。

ご興味のある方などへこの作品展をぜひご紹介いただければ幸いです。

応援をどうぞよろしくお願いいたします

 

会期:3月8日(金)〜3月10日(日) 

時間:11:00〜19:00(最終日17:00)
会場:ギャルリー・ラー https://salondela.com/

東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル601 tel.03-6228-6108

アクセス

●東京メトロ有楽町線 「銀座一丁目」駅 10番出口より徒歩1分

●東京メトロ銀座線 「銀座」駅  A13番出口より徒歩5分

 


第3回 TOHOKU Madams' Collection【ご報告】

第3回<暮らしを慈しむ東北マダムたちの手しごと展>は、
各グループにずっと寄り添ってくださる方、新聞の記事をご覧になり第1回目から毎年来てくださる方、

今回初めての方、FBで応援してくださっている方などたくさんの方に支えられ、無事終了しました。

ありがとうございました。

 

また、今回助成いただいたパルシステム東京さまには資金面だけでなく、

作品展の告知などでもご協力いただき、心より感謝しております。ありがとうございました。

 

ご来場いただいた方から、スキルアップしたね!と声をかけていただくことは、

嬉しく励みになりました。また、作品への貴重なご意見は、今後の作品作りに反映させていただきます。

写真を撮れずにご紹介できない方もいらしゃいます。申し訳ありません。

来年もまた作品展でお会いできることを願っています。
今後とも応援をどうぞよろしくお願いいたします。

 

皆さまにお買い上げいただいた売上の一部を「ハタチ基金」へ寄付しました。
ご協力いただきありがとうございました。

*「ハタチ基金」は東日本大震災の被災地の子どもたちに寄り添い、20年間継続的に支援を行う基金です。
http://www.hatachikikin.com/

ご協力いただきありがとうございました。

1/4 PAGES>>